2010年03月27日

農政連、自民支持見送り=参院選は自主投票−政権交代で転換(時事通信)

 JAグループの政治団体である全国農業者農政運動組織連盟(農政連)は23日までに、今夏の参院選で自民党候補を推薦せず、自主投票とする方針を固めた。JAグループは、ほぼ40年にわたって参院選の全国区ないし比例区で自民党を支援してきたが、昨年の政権交代を受けて姿勢を転換する。23日午後に都内で開く総会で正式決定の見通し。
 参院選をめぐっては、自民、民主両党がそれぞれJA関係者の擁立を計画し、全国農政連に推薦を求めていた。農政連では一時、双方を支援することも検討したものの、内部で異論もあったため、自主投票という形で落ち着いた。野党転落で支持団体の離反が相次ぐ自民党にとって、打撃となるのは確実だ。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
政権交代が追い風=金融庁、お手盛り許さず
原発推進、連携強化=新規導入国の安全・人材で
県内移設容認せず=連合沖縄

日本人ツアー客食中毒?独で急きょ離陸中止(読売新聞)
<中国電力>原発説明会阻止される 山口・上関(毎日新聞)
橋下知事「統一選で大阪府議会の定数削減問う」(読売新聞)
「JAYWALK」中村容疑者を使用容疑で追送検(産経新聞)
青森沖の刺し網漁で転落?父子捜索打ち切り(読売新聞)
posted by 9fmqb7xs7l at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

<郵便不正転送>AKB48被害受け確認書でチェック(毎日新聞)

 人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーの転居届がファンに勝手に出され、郵便物が不正転送された問題を受け、日本郵政グループの郵便事業会社は16日、転居届の真偽を確かめる「確認書」を送る制度を4月1日から導入することを決めた。

 転居に伴う郵便物転送は、転居届を郵便局などに持参するか郵送、インターネットで送る。ただ、「AKB48」のケースは、ファンが代理人になりすました。また、郵送ははがきのため、本人確認ができず、転居届が悪用される恐れがあった。

 確認書は、転居届に記載された転居前の住所に送られ、身に覚えのない場合は郵便事業会社に連絡してもらう。確認書の到着から3日以内に連絡がない場合、新住所への郵便物転送を始める。本人が転居届を提出した窓口で運転免許証や健康保険証などを提示すれば確認書は送付しない。

 郵便事業会社は、転居届が提出されると、郵便配達員が訪問して転居を確認してきた。しかし、留守がちな家庭やオートロックのマンションが増え、確認が難しくなっていた。【中井正裕】

【関連ニュース】
窃盗容疑:AKB48ファン3人逮捕 撮影小道具など被害
渡り廊下走り隊:「アッカンベー橋」 菊地あやか加入後初シングル
AKB48:小野恵令奈、渡辺麻友らが「トライ式高等学院」で勉強中 ドキュメンタリーCM放送
AKB48:秋元康が「ちゃんと見ろ」と指導 米ドラマ「フリンジ」にハマる
AKB48:前田敦子写真集が9位 タレントソロ写真集では浜崎あゆみ以来の快挙 オリコン

加藤被告に手紙を返信した被害女性「私たちのことを知ってほしい…」(産経新聞)
消費者保護求めトヨタ提訴=米加州オレンジ郡検察当局(時事通信)
子ども手当修正案を了承=公明(時事通信)
業績悪化でお花見も自粛 宴会なし、予算カット企業が増加(産経新聞)
<連立政権>社民、国民新両党 存在感出すも支持率伸び悩み(毎日新聞)
posted by 9fmqb7xs7l at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余震自民…戦果乏しい国会運営 川崎氏進退が次の焦点(産経新聞)

 平成22年度予算案の衆院通過に続き、鳩山政権の目玉政策「子ども手当」法案などの衆院通過が確実となる中、自民党内で川崎二郎国対委員長への風当たりが強まっている。執行部に距離を置く勢力は公然と川崎氏の更迭を求めており、党執行部にも川崎氏を擁護する声は少ない。ただ、川崎氏は谷垣禎一総裁にとって「刎頸(ふんけい)の友」。誰よりも先に川崎氏の起用を決めただけに、今後厳しい立場に追い込まれる可能性もある。

  [フォト]民主、自民、公明の3党の国対委員長が、予算案の衆院通過などのスケジュールに合意した「確認書」

 ◆強い口調、影ひそめ

 「衆院で4分の1の議席しかない自民党で戦う手段は限られている。いい手段を教えてくれる人がいないので、私と大島さんで苦労しながらやっている…」

 12日に記者会見した川崎氏は、心境をこのように吐露した。いつも民主党批判でみせてきた強い口調は影をひそめ、時折苦悩の表情を浮かべた。

 それほど川崎氏を取り巻く環境は厳しさを増している。党の重鎮である与謝野馨元財務相が執行部刷新に動きだし、若手・中堅からも同調。その矛先は国会運営を取り仕切る川崎氏に向かっている。

 きっかけは2月21日投開票の長崎県知事選で自民党が支援する候補が当選したことを受け、審議拒否を決めたことが大きい。

 ところが、何の成果も得られないまま3日間で審議に復帰。しかも川崎氏は2月26日に民主、公明両党の国対委員長との「確認書」にサインしてしまった。確認書には3月2日の予算案衆院通過までの審議日程が細かく記されており、与党側はこれをタテに審議を続け、予算案の年度内成立を早々と決めてしまった。  「国対のプロ」を自任する川崎氏の面目は丸つぶれとなり、公明党までも「あれほど政局勘のない人とは思わなかった」(幹部)との声が漏れるほど。

 ◆民主になめられ

 自民党では「民主党に完全になめられた」(政調幹部)と激しい批判が噴き出した。川崎氏は7日の津市内で「後ろから鉄砲ばっかり撃ってくる。戦わなければならないのは鳩山由紀夫首相、小沢一郎民主党幹事長だ」と反撃したが、「再三チョンボしている人が絶対言ってはいけない」(伊吹文明元幹事長)と火に油を注ぐ結果となった。

 山本有二元金融担当相らは9日、谷垣氏に「予算案を何の抵抗もなく衆院通過させた川崎氏とそれを容認した大島理森幹事長を切るべきだ」と直談判した。党執行部にも「川崎切りはやむなし」との声もある。

 厳しい情勢を受け、谷垣氏は12日朝、都内のホテルに党五役と川崎氏らを招集し、一致結束を訴えた。

 谷垣氏にとって川崎氏はずっと政治活動をともにした数少ない同志だ。昨年9月の総裁選直後の党人事も川崎氏と相談の上で進めた経緯もあり、川崎氏を更迭すれば、谷垣氏の責任論も浮上しかねない。

 とはいえ、山本一太参院議員らも賛同者を募り、来週、谷垣氏に川崎氏らの更迭を求める考えだ。谷垣氏が何らかの決断をしない限り、「刷新」の動きは止まりそうもない。

【関連記事】
「谷垣氏除き、党幹部一新を」自民若手ら来週申し入れ
「舛添首相」期待感断トツ! 凋落自民希望の星
「連休前に総裁は決断を」 自民・河野氏が執行部一新を要求
政治とカネで与野党「協議機関」に各党前向き
国会運営「なめられっぱなしだ!」 自民、副幹事長から執行部に厳しい声 
20年後、日本はありますか?

瀕死の1羽、歩行可能に=予断は許さず−環境省(時事通信)
<裁判員裁判>「強い殺意」被告に懲役16年 横浜地裁(毎日新聞)
19歳男子学生、飲酒後死亡=ラグビー部送別会で−佐賀大学(時事通信)
<のど詰まり>食品安全委が提言見送りへ(毎日新聞)
<朝鮮学校無償化>対象か除外か、基準とする省令が左右(毎日新聞)
posted by 9fmqb7xs7l at 09:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。