2010年01月30日

<コインパーキング>京の町並み虫食う 届け出“不要”で増加(毎日新聞)

 ◇中心部400ヘクタールに300カ所

 京町家が数多く残る京都市中心部でコイン式駐車場が増加し、京都御苑南側の約400ヘクタールの地域では300カ所近く乱立していることが市の調査で分かった。市などの調べで約5万軒のうち毎年約2%ずつ減少しているとされる京町家の衰退とも関連するとみられ、市は歴史的景観を損ねる恐れもあるとして、対策を検討している。

 市は一昨年、東西が鴨川と堀川通、南北が夷川(えびすがわ)通と五条通に囲まれた中心部407ヘクタールを調査。コイン式駐車場は275カ所(2160台分)に上った。特に目立ったのは、河原町通−烏丸通間の四条通周辺や堀川通東側の四条通−五条通間だった。

 京都市でも事業を展開する複数の駐車場管理運営会社によると、車1台分の土地があれば簡単に駐車場にすることができ、形状や期間も問わない。また、500平方メートル(約20台分)以下の時間貸し駐車場は届け出不要。細い街路に「うなぎの寝床」のような細長い京町家が建ち並ぶ京都でも、「(町家など)家屋を取り壊した跡地の有効利用法として地権者が注目している」という。

 一方、京町家の保全や町並み保存に取り組む市景観・まちづくりセンターは「町並みの連続性を考えると、空き地がむき出しの駐車場になると、景観としてはよくない」とし、コイン式駐車場が歴史的町並みを損なうことを懸念している。

 香林坊や片町など中心街479ヘクタールにコイン式を含む約2500カ所(約4万3000台分)の駐車場がある金沢市は06年、自宅用を含め小規模な駐車場でも新設の際の届け出を義務付ける条例を制定。同時に、景観に配慮し、周辺の植栽や生け垣、板塀の設置を助成する制度を設けた。

 京都市も09年2月から、行政や学識経験者、商業施設や駐車場の関係者による駐車場整備連絡協議会を開催。小規模駐車場の届け出制度や景観への配慮についても検討を続けている。【成田有佳】

【関連ニュース】
コインパーキング:京の町並み虫食う 届け出“不要”で増加
コインパーキング:駐車ついでに充電 事前連絡でOK、別料金なし−−下京 /京都

鳥取連続不審死 他殺に無念さにじます遺族(産経新聞)
<沖縄ひき逃げ>米兵を追起訴 読谷村・男性死亡(毎日新聞)
熊本の自宅立てこもり男を逮捕(産経新聞)
<窃盗>高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖(毎日新聞)
停電でストップの東海道新幹線、運転再開(産経新聞)
posted by 9fmqb7xs7l at 19:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

信念貫き頑張る=民主党の小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は24日午後、広島市内で開かれた同党衆院議員の集会に出席し、資金管理団体の政治資金規正法違反事件について「大変、ご心配、ご迷惑をお掛けしたことをおわびする。不徳の致すところだ」と謝罪した。その上で「今後そのようなことがないように、信念を貫いて頑張っていきたい」と述べ、幹事長職を退く意思がないことを改めて強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資金詐取容疑−2億4千万円被害・警視庁(時事通信)
外国人参政権への反対明言=亀井氏(時事通信)
関東大震災、朝鮮人虐殺の犠牲者 授業で根拠ない「6600人」 日教組教研集会(産経新聞)
<普天間移設>官房長官「地元の合意、必ずしも必要ない」(毎日新聞)
【揺らぐ沖縄】官房長官言及 移設問題、政府再び迷走(産経新聞)
posted by 9fmqb7xs7l at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

京大教授が小学校で「イネ」テーマに“出前授業”(産経新聞)

 小中学生の深刻な理科離れを改善しようと、京都大学大学院農学研究科の谷坂隆俊教授(植物育種学)が22日、「イネの品種改良」をテーマにノートルダム学院小学校(京都市左京区)の5年生計39人に授業をした。

 大学の研究者が月替わりで小中学校に出向き、児童らに授業を通じて研究の楽しさを知ってもらおうと、「博士の出前授業」と銘打ち、産経新聞が企画した。

 1回目となる今回の授業で谷坂教授は、「現代のイネは人類が品種改良を繰り返して作り上げた芸術作品といえます」などと説明。約1万5千年前の姿をとどめる野生のイネを教室に持ち込み紹介したほか、収量が倍増するといわれる稲穂が垂れない直立型のイネや、失明を予防するためにビタミンAの元が入っている黄色の米など品種改良技術も披露した。

 児童らは「品種改良には、どれほどの時間がかかりますか」などと積極的に質問。谷坂教授は「10年〜15年以上かかります」と答え、「時間がかかるからこそ研究に力を入れなければならない。日本は米などの食糧自給率が低いことに危機感を抱いています」と話した。

 授業を受けた楠本理久君(10)は「品種改良がこんなにすごい技術とは知らなかった。科学にさらに興味がでました」と話した。

【関連記事】
災害に役立つ「48のワザ」 小中学生に防災実技教材
食育にベニズワイガニ、杉並で出前授業 24日、鳥取の漁協
神戸大・慶応大・京都大がMBA教育で提携
科学に触れて疑問を感じよう
未来のため「科学する心、社会で支えて」

<名護市長選>市民の意思伝えたい…当選の稲嶺氏(毎日新聞)
水俣病未認定訴訟で和解勧告=原告と国、主張に隔たり−今後の協議難航も・熊本地裁(時事通信)
政界引退報道を否定=自民・山崎氏(時事通信)
千葉の光洋会が民再法の適用申請、双樹会に連鎖(医療介護CBニュース)
菅家さんに年金受給資格、通知書受け取る(読売新聞)
posted by 9fmqb7xs7l at 10:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。